あれこれ31ブログ

あれこれ思うことを毎日(31日)記事にしています。

美容

目の下の乾燥がひどい時の化粧水、オイル、ファンデーションの選び方

投稿日:

目の下 乾燥 化粧水

目の下の乾燥がひどい時の化粧水の選び方は?

目の下の乾燥がひどい理由は目の回りの皮膚が他の場所に比べて特に薄いことが影響します。

また、目の周りは皮膚が薄いだけでなく汗腺や皮脂腺がとても少ない場所でもあります。
肌バリアとなる脂分がないので潤いにくいし、水分も蒸発しやすいんです。

目の下の乾燥を改善するには、皮膚へ水分を貯め込んで保持できるタイプの化粧水がおすすめです。

水分を保持する成分 おすすめベスト3

●NMF
NMFはアミノ酸の一種で肌に存在する保湿因子です。
年齢とともに減少するため、化粧水で補うことで水分を目の下の乾燥エリアへ貯めて潤いをサポートします。

●エクトイン
すぐれた保湿効果があり長時間、水を抱えて離さない特徴があります。

●セラミド
何層にも重なる角質層の間を水分を蓄えて埋めるのがセラミドです。

セラミドは本来は人の体に備わったものです。
しかし、年齢や環境によって減ることがあります。
セラミドを化粧水で補充することで弾力のある潤った肌へ改善することができます。

このような保湿に優れた成分がひとつでも含まれる化粧水を選ぶとよいです。
選ぶ時に、注意したいのは乾燥から赤みやかゆみがあるときは肌へ刺激がない低刺激の化粧水を選んでくださいね。

おすすめ化粧水 ディセンシア つつむ
     ↓↓↓


 

目の下の乾燥を改善するおすすめの洗顔の仕方

目の下の乾燥がひどいと悩む人に多いのは、間違った洗顔の仕方です。

顔の中でも小鼻の周囲、おでこなどのTゾーンは皮脂腺が多いところですから、皮脂汚れをきちんと取らないと毛穴の黒ずみなどにつながります。

洗顔は毎日しますが、Tゾーンも目の下も同じように洗っているのではないでしょか。

それが目の下の乾燥がひどくなる原因の一つにもなっています。

 

洗顔の順番

化粧は洗顔前にクレンジングで汚れを落としておきます。
アイラインやマスカラの汚れは専用のクレンジングを使います。

洗顔料をよく泡立て、皮脂の分泌の多いところから洗います。

Tゾーン→頬や顎→目の周囲

泡をクッションにしてこすったりしないよう、撫でるように汚れを落として洗います。
目の周囲は泡をおくだけでOKです。

 

化粧水の付け方

洗顔後、すぐに化粧水でたっぷりと水分を補給します。

お風呂上りなどは肌は温められて化粧水が浸透しやすくなっていますからこれをうまく利用するとよいです。
朝はレンジで温めた蒸しタオルを利用するとよいです。

化粧水をつけるのにパンパンと叩いてつける人がいますが、それはNGです。

肌へは浸透しません。肌の表面を濡らしただけです。
化粧水は手のひらにとり、顔を覆ってハンドプレスして肌の奥へ押し込みます。
そうしないとせっかくの高保湿化粧水も無駄になります。

その理由は食パンを思い起こしてください。
水に濡らした手でパンパンと表面を叩いた時と、手でプレスするのとどっちが水分を吸収しやすいでしょうか?

肌も同じです。
表面ではなく肌の奥へ押し込むようにするとよいです。

そのほかにもコットンに化粧水を含ませてパックするのも効果的です。
パックの時間は長くて10分、それ以上するとかえって目の下の水分を奪ってしまい、乾燥の原因にもなります。

 

目の下の乾燥がひどい時の美容オイルの選び方は?

美容オイルの役目は化粧水や乳液、美容液をつけた後のふたです。

ふたをすることで肌から水分や美容成分が蒸発するのを防ぎます。

もし、オイルを洗顔後につけたら化粧水を通さず保湿もできなくなりますから付ける順番は必ず守ってくださいね。

低価格のものから高価格のものまでありますが、ここではコスパのよい低価格のオイルを紹介します。

 

コスパがよい美容オイル おすすめ ベスト3

●ワセリン
ワセリンでも種類がありますが、不純物を含まない純度の高いものがおすすめです。
ワセリンは硬いので手の甲などにとって指の腹で柔らかくしてから目の下へ付けるとよいです。
硬い状態で目の下へ付けてのばしているうちに皮膚がたるんだり、しわの原因にもなりかねません。

 

●馬油
柔らかいテクスチャーなので伸びが良いです。
血行促進効果やしわやしみ対策もできる抗酸化作用もあります。

 

●ホホバオイル
人の皮脂に近い成分なので肌にやさしく安心して使えます。

 

オイルはどれも、純度の高い(純度100%)ものを選ぶことがポイントです。

 

目の下の乾燥がひどい時のファンデーションの選び方は?

ファンデーションを使う前にも化粧水を手にとりハンドプレスして十分保湿しておくと乾燥しにくいです。

裏技としてコットンに化粧水を含ませてラップでつつみます。
レンジで10秒ほどチンして人肌ほどに温めて目の下へパックする方法です。

注意することは温めすぎるとやけどしますし、コットンにしみこませた化粧水が蒸発してしまいます。
またビタミンC誘導体が含まれる化粧水は温めることでビタミンが壊れてしまうのでこのやり方はむきません。

 

目の下の乾燥を防ぐ おすすめのファンデーション

おすすめは、クリームファンデーション、クッションファンデーションです。

クリームファンデーションは長時間肌のうるおいを守る成分が含まれておりカバー力もあります。

クッションファンデーションはファンデと美容液美がいっしょになったもので、肌に潤いを与えながらカバーします。

SPONSORED LINK

おすすめしないのはパウダーファンデーションです。
パウダーが目元の水分を奪うので乾燥しやすいです。

 

美容の総合サイト、アットコスメで2017 ベストコスメ賞1位受賞のクリームファンデとクッションファンデを紹介します。

RMK ジェルクリーミィファンデーション N

クリームファンデ部門1位受賞

【特徴】
ジェルの透明感とクリームのカバー力が融合したファンデーションです。
ヒアルロン酸などの保湿成分が肌のうるおいをキープ。
つけると肌へ溶け込むようなテクスチャーで大人の艶肌に仕上がります。

口コミ

・リキッドファンデーションの艶感がありカバー力もよく肌にしっとりなじみます。

・少量でよくのみ保湿力も十分あります。夕方には軽くティッシュオフすれば朝の状態のままでいられます。

・綺麗な艶肌に仕上がり、しっとりして乾燥がなくなりました。

・クリーミーな塗り心地で毎年乾燥が気になる時期なのに今年はきになりません。

 

ブラン エクスペール クッションコンパクト H

クッションファンデーション部門1位受賞

【付け方】

 

口コミ

・つやもあってナチュラルな仕上がりで、夕方になっても乾燥が気にならなくなりました。

・カバー力はあまりありませんが、冬でも乾燥しないのが気に入りました。

・化粧崩れしても汚い崩れ方ではなく毛穴落ちもしません。

・有名ブランドだけあって厚塗り感もなく崩れにくいです。目の下以外の脂が浮きやすいところは軽くパウダーを使うと長時間キープできます。

 

こういった口コミが多かったです。参考にされてください。

 

あとがき

目の下の乾燥は放っておくとしわやたるみの原因にもなります。

しわができると影ができてクマに見えてさらに老けて見えます。

目の下の乾燥は今からケアしても十分間に合います。

十年後も美しい肌をキープしたいものです。

上まぶたのくぼみの原因は?メイク法とアイクリームでおすすめを紹介
下まぶたのたるみ解消法でおすすめは?ツボ押しや美容液で相乗効果アップ
まぶたのたるみ取りで切らないイチ押し方法は?マッサージや食べ物も紹介

SPONSORED LINK


-美容
-,

執筆者:

関連記事

化粧のりが悪い 毛穴

化粧のりが悪い原因の毛穴対策は?化粧水やファンデーションでおすすめは?

SPONSORED LINK 化粧のりが悪くて毛穴が目立つ、何とかしたいと思っていませんか? 毛穴が目立つのは下地クリームやファンデーションが合わないわけではありません。 毛穴自体を目立たなくすること …

目じりのしわ 20代の原因と対策は

目じりのしわ 20代の原因と対策は?ワセリンなら?注射で消す方法は?

SPONSORED LINK 目じりのしわの悩み、意外に多いのが20代の女性なんです。 年齢からくるもの以外に、目じりのシワがめだつのは日々の生活習慣からということもあります。 若くしてできた目じりの …

花粉症で肌荒れ ニキビができたのは?

花粉症の肌荒れ ニキビができたのは?今後の対策は?食べ物でおすすめは?

SPONSORED LINK 花粉症の肌荒れ。 これだけでも憂鬱なのにニキビができた。。 赤いぶつぶつのニキビが口の周りにだけ。 こんなトラブルで悩んでいませんか? 花粉症の肌荒れは女性にとっては厄介 …

サングラスの跡がつかないおすすめ方法は?

サングラスの跡がつかないおすすめ方法は?鼻と頬、化粧の仕方は?

SPONSORED LINK 夏は日差し、紫外線を遮るサングラスは必需品!でも鼻や頬に跡がついて化粧は崩れるし、そこだけハゲるし、途中でサングラスがはずせないと悩んでませんか。鼻、頬にサングラスの跡が …

汗でかゆい!首の対処法は?湿疹の場合は?

SPONSORED LINK 汗でかゆい首の原因や対処方法についての記事です。 湿疹ができる原因やできた後のケア方法についてまとめました。  SPONSORED LINK