あれこれ31ブログ

あれこれ思うことを毎日(31日)記事にしています。

暮らし

目が日焼けでヒリヒリする対処法は?頭痛なら?コンタクトで予防できる?

投稿日:

目が日焼けでヒリヒリする対処法は?

夏の炎天下に長時間いると目が日焼けをしてヒリヒリすることがありますよね。
充血するし涙もでるし、ころころしたり

ひどくなったら頭痛がすることもあります。

そんな場合の対処法やコンタクトレンズなら目の日焼けを予防できるのかを、まとめました。
 

1章:目が日焼けでヒリヒリする時の対処法は?
2章:目の日焼けで頭痛がする場合の対処法は?
3章:目の日焼けはコンタクトで予防できる?
SPONSORED LINK

目が日焼けでヒリヒリする時の対処法は?

ヒリヒリして痛いのは長時間屋外で強い紫外線を浴びたことが原因です。

目の日焼けは紫外線の中でも体の表面にダメージを与えるUV-Bの影響です。
肌が日焼けで黒くなって火傷みたいになりヒリヒリするのと同じ症状が目に起きているのです。

目の組織である角膜や水晶体は紫外線を吸収して目を保護する働きをしますが、紫外線が強すぎると目を保護する機能が追いつかなくなり、障害がでます。
その為、充血したりヒリヒリします。
 

目がヒリヒリする時の対処法は?

UVカット効果のある目薬が充血や細胞の新陳代謝を活性化して紫外線による炎症を抑える働きがあります。

各社目薬が出ています。

・ロート製薬(ロートUVキュア)
・バイシン(バイシンUV)
・サトウ製薬(ノアールUV)
・武田薬品工業(バイシンUV)  など

>>UV対策の目薬の一覧を見てみる

これらの目薬は一時的に充血や炎症を抑えますが、紫外線のダメージがなくなったものではありません。

2、3日たってもヒリヒリしたり違和感を感じる時は病院で診察されることをおすすめします。
長期で放置して慢性化すると白内障や翼状片の症状がでることもあります。

また目が日焼けしないように事前に予防するが一番いいです。

【日差しを予防するグッズ】

・サングラス(顔の大きさに合った目を保護できるもの)
・日傘
・帽子(つばの広いタイプがおすすめ)
・日陰を利用する

 
体の外側の予防はもちろん内側から(食べ物)の予防もおすすめです。

【食べ物で事前に予防する】

●ルテイン
紫外線やブルーライトの青い波長の光を吸収。目を直接保護し体内に発生した活性酸素を排除する働きがあります。
ルテインはニンジン、かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれています。

>>小林製薬「ルテイン」と「ルテインa」何が違うの?

●アスタキサンチン
紫外線が目に与えたダメージで増えた活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
またそのパワーはビタミンEの約1000倍あるといわれています。
アスタキサンチンは海に生息する生き物で熱を加えると赤い色になる紅鮭、やエビ、いくら等に多く含まれています。

人の体からは作れないのでサプリメントで補給する人もいます。

 
 

●ビタミン類 
ビタミンC、ビタミンE、β-カロテン、ビタミンB2等
抵抗力をつけて体の調子を整える作用があります。

SPONSORED LINK

目の日焼けで頭痛がする場合は?

頭痛は目から起こった日射病の場合が多いです。
また、目から浴びた紫外線を防御する範囲を超えたため体へ障害を起こしそれが頭痛につながった日光アレルギーの可能性もあります。

すぐに日差しが強い屋外から日陰や室内に移動してください。

頭痛がしていても一般的な片頭痛とはちがいますから頭痛薬をのむことはさけます。

水分を補給します。
横になって体を休めましょう。

目を濡れタオル等で冷やします。
同時に体も冷やします。
特に太い血管が通ってる脇や足の付け根、首などを冷やすといいです。

それでもよくならない場合には病院で診察されてください。

 

目の日焼けはコンタクトで予防できる?

コンタクトレンズにも紫外線防止効果があるものも出回っていますが、コンタクトで覆われる部分は目の黒目だけです。
よって、白目の部分はコンタクトがないから紫外線をもろに浴びることになります。

カラコンでも同じで白目部分は紫外線対策ができません。

日焼けを予防するにはコンタクトをした上からUVカットのサングラスをするとか、メガネに替えるほうがいいです。

 

まとめ

目は日常でも酷使してる場所だけに日焼けなどによるダメージは事前に防ぎたいですよね。外出する時にも帽子やサングラスをすることで予防ができます。

仕事ではサングラスはできないかもしれませんが、日傘を持ち歩く、日陰を歩くなどと気を付けましょう。

日焼け止め 飲むタイプの効果は?副作用は?おすすめはヘリオケア?ホワイタス?
ブルーライトで日焼けするの?シミを作らない対策は?化粧品なら?
自転車 日焼け対策 顔の仕方は?帽子かサンバイザーどっち?腕、首は

SPONSORED LINK


-, 暮らし
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

冬至とハロウィン かぼちゃの意味は?

冬至とハロウィン かぼちゃの意味は?品種、地域ごとの食べ方もある

冬至にかぼちゃ、ハロウィンにもかぼちゃ、 SPONSORED LINK どっちもかぼちゃが使われますが、まったく別の意味でそれぞれに古くからの風習があります。 かぼちゃの品種、食べ方(料理)についても …

サンダルの足跡の汚れの落とし方

サンダルの足跡の汚れの落とし方 垢や汗、つま先は?防止するには?

夏の足元の定番サンダルは素足に履けばオシャレ度もグーンとアップします。 でも素足で履くと垢や汗で足跡がくっきりと残ってしまうことも。 つま先についた指の跡もいやなもの、靴を脱いで上がる居酒屋などで恥ず …

髪の毛が抜けるのは水虫かも!?

髪の毛が抜けるのは水虫かも!?ペットから感染?治療の仕方は?

SPONSORED LINK 急に抜け毛が増えた。 ブラッシングするだけで抜けるなんて。痒いしフケも出るのはなぜ? シャンプーやリンスも変えてないのにと悩んでいませんか? それは水虫が原因かも。 しか …

ナプキン 粘着テープ 落とし方

ナプキンの粘着テープ跡の落とし方で生地を傷めない簡単な方法と対策

多くの女性が毎月お世話になるナプキンですが、粘着テープのおかげでほとんどズレることもないので下着を汚さなくて済みます。 SPONSORED LINK 特に羽根つきタイプは固定されて便利ですね。 しかし …

赤ちゃん 夏のあせも対策は?

赤ちゃん 夏のあせも対策は?

赤ちゃんが夏によく汗をかくのは、気温が高いこともありますが、あの小さな体で大人と同じだけの汗腺があるからです。 あせも対策として清潔にすることと、汗の成分を皮膚へ残さないことが大事です。 SPONSO …


50代の女子です。
プロフィールはこちら