あれこれ31ブログ

あれこれ思うことを毎日(31日)記事にしています。

美容

化粧の下地と日焼け止め、順番は?違いは?クレンジングは必要なの?

投稿日:

化粧の下地と日焼け止め、順番は?違いは?クレンジングは必要なの?
日差しが強くなると気になるのは紫外線です。
紫外線を浴びてしまうとシミになって後々大変。

きっちりと日焼け止め対策はしたいものです。

でも、化粧下地と日焼け止めクリームの順番はどっちが先なんでしょう。
また、違いは何?クレンジングは必要なのか、とかの疑問点をまとめました。

SPONSORED LINK

化粧の下地と日焼け止め、順番は?

洗顔をしていつものスキンケアをした後に日焼け止めをつけます。
その後に化粧下地をつけて、ファンデーションを塗ります。ですから日焼け止めが下地より先になります。

その理由は化粧下地にはファンデーションや頬紅、アイシャドウなど、メイク映えをよくしたり、メイクくずれを抑える効果があるからです。

日焼け止めは紫外線を阻止する役目です。
紫外線はシミをつくるだけでなくシワの原因にもなります。紫外線は肌の内部まで入り込んでコラーゲンも破壊する美容の大敵です。そこまで恐ろしい紫外線を肌の上にバリアを張って防御するのが日焼け止めの役目です。

 

下地と日焼け止めの内容成分の違いを比較

【下地】
肌のきめを整えて難点をカバーしてくれる効果があります。ファンデーションの持ちをよくしたりコントロールカラーの機能もあるものもあり、化粧映えさせてくれます。また保湿や美容成分も配合してある物もあります。
タイプもクリームタイプ、ムース、リキッドなど肌や季節に応じて使い分けもできます。

【日焼け止め】
日焼け止めにはSPFとPAの2つが表示されています。

紫外線にはA波とB波があり、A波を防ぐのものをPAで表し、B波を防ぐものをSPFで表しています。

A波は肌の奥深く入り込んで細胞を破壊するほどの威力があります。A波によてコラーゲンやヒアルロン酸などが壊され老化の原因につながります。
B波は肌の表面の角質層に影響を与えます。肌が黒くなったりシミになったりの直接の原因です。

【数値について】
A波ではPA++++が今一番強いものとして表示されます。
B波のSPFではSPF50など数字が大きくなればなるほど紫外線を防ぐ効果が強くなります。
しかし、いつもそういった数字が大きいものを使えばいいというわけではありません。

A波のPAは皮膚が黒くなるのを防ぐ指数で、B波のSPFは肌が紫外線を浴びて赤くなるのを防ぎます。
赤くなるまでを20分として計算すると、SPF30の場合には20分×30=600分(10時間)で、その間は日焼けしない状態が続くということになります。

でも10時間維持できるのなら大丈夫!と安心するのは早いです。
それは肌にちゃんと塗られた状態でのことです。

夏場は汗をよくかきますね。ハンカチ等で拭くことで汗と一緒に日焼け止めが落ちますから、途中で塗りなおしてあげることが大事です。

SPONSORED LINK

さらに数値の高いものには紫外線吸収剤入りの商品もあります。紫外線吸収剤は紫外線を取り込んで肌の中へ侵入する前に科学反応を起こして熱や赤外線として放出させます。

肌に入れないのはいいのですが、肌の上で科学反応を起こすため敏感肌や肌の弱い人にはそれが刺激となり肌荒れなどにつながることもあります。その点の注意が必要です。

 

【日焼け止めを目的別で使い分ける】
日常生活ではSPF50は強すぎます。日焼け止めは数値が大きくなるほど肌への負担が大きくなります。ほとんどのメーカーのおすすめはSPF30前後です。

SPF50は塗り直しができない場所、アウトドアでの、海、山のレジャー、スポーツなどのシーンに適しています。

【塗り方】
スキンケア⇒日焼け止め⇒下地クリームを塗った時点でティッシュで押さえて余った油分をふき取ってからファンデーションを塗るとよれたりするのを防げますし、持ちもよくなります。

化粧下地に日焼け止め効果が備わったタイプはそれ一つで代用できますから別々に使う必要はありません。1本だけ塗るのは時短で済みますからおすすめです。

また今はマラソンなどジョギングがブームです。そのほかゴルフなども日焼けは避けられませんね。そういったスポーツをする場合には念には念を入れてスキンケア⇒日焼け止め⇒下地クリーム⇒日焼け止め効果入りのファンデーションを塗るといいでしょう。
ファンデーションはリキッドタイプをぬるほうが仕上がりがナチュラルに見えますよ。

【化粧直しの仕方】
化粧直し用のウェットティッシュでよれたファンデーションや日焼け止めクリームをふき取り、塗り直しすることで紫外線による影響を防げます。
手抜きをせずにちゃんと頻繁に日焼け止めを塗りなおすことが美白をキープするコツです。

 

下地と日焼け止め、クレンジングは必要?

日焼け止めクリームを使用した場合や下地クリームに日焼け止め効果があるものを使用した場合にはクレンジングは必要です。

紫外線を跳ね返す成分を使っています。少なからず顔の上で科学反応もおこしていますからクレンジングですっきりと成分を洗い流すことをお勧めします。

W洗顔が望ましいですが、今は一つになったタイプもあります。

汚れをきれいに落とした後は保湿もしっかりすることでメラニンの生成を抑えることにもなります。

日焼け止めを塗ったからばっちり!とか考えずに化粧水、乳液または美容液、美容クリームまでたっぷり使って顔に美容成分と保湿をしておけば季節が変わっても慌てることはないですよ。

 

まとめ

顔ばかりではなく首やデコルテなどの日焼け対策も忘れないことが大事です。外出時は日傘や帽子は必ず持参しましょう。

紫外線の影響は年中気を付けなければなりませんが、季節が暖かくなると外出する機会も増えます。その分注意して5年先、10年先に後悔しないようにケアしたいですよね。

自転車 日焼け対策 顔の仕方は?帽子かサンバイザーどっち?腕、首は
ランニングの日焼け対策 顔はどうしてる?帽子は?おすすめのウエアは?
日焼け止め対策 国内旅行のケア方法は?必需品は?焼けてしまったら?

SPONSORED LINK


-美容
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

かかとのガサガサが痛い原因は?

かかとのガサガサが痛い原因は?即効で改善できる?おすすめのお手入れ法も紹介

SPONSORED LINK 冬になるとかかとがガサガサがひどい。 さらには硬くなった皮膚がひび割れて痛いんですよね。 朝の着替え中にかかとのガサガサがストッキングにひっかかって伝線するし、また履き替 …

赤ら顔を改善する方法 食べ物なら?

赤ら顔を改善する方法 食べ物なら?効果があるツボは?化粧水なら?

化粧しても隠れない赤い頬。 できれば赤ら顔は根本的に肌から改善したいですよね。 SPONSORED LINK 子供の頃は赤いほっぺもチャームポイントでしたが、大人になったらそれがコンプレックスで、すっ …

ブルーライトで日焼けするの?シミを作らない対策は?

ブルーライトで日焼けするの?シミを作らない対策は?化粧品なら?

ブルーライトで日焼けするって本当?嘘でしょ。とか話題になっていますが、実は日焼けをするというのは本当です。 SPONSORED LINK ブルーライトによる日焼けの度合いや対策、専用の日焼け止めの化粧 …

子供の浴衣の髪型で人気は?

子供の浴衣の髪型で人気は?超簡単ヘアアレンジ、長さ別おすすめヘアスタイル

子供に浴衣を着せて一番に悩むのが髪型です。 どんな髪型が人気なんだろ。ママでもできる超簡単なヘアアレンジは? 髪の長さ別にまとめてみました。 SPONSORED LINK

首ニキビができる女性の原因

首ニキビができる女性の原因は?治し方や市販薬でおすすめは?

SPONSORED LINK 首にできたニキビに悩んでいませんか? 見た目も汚ないし、人に見られると恥ずかしいですよね。 首ニキビは学生の頃は全くなかったのに、仕事をするようになってからできたと言う人 …