あれこれ31ブログ

あれこれ思うことを毎日(31日)記事にしています。

冬の行事 暮らし

クリスマスツリーの掃除 ほこりの取り方?ホワイトの黄ばみは?保管方法など

投稿日:

クリスマスツリーの掃除 ほこりの取り方?
11月も半ば過ぎると、各家庭では年中行事のひとつ、クリスマスツリーの飾り付けがありますね。
保管してたいたクリスマスツリーに埃や黄ばみが。

すぐに飾りつけしようと思ったのにと、と悩んでいる人も多いのでは、

クリスマスツリーの埃の取り方、ホワイトツリーの黄ばみの取り方、来年に困らない保管方法などをまとめました。

SPONSORED LINK

クリスマスツリーの掃除 ほこりの取り方?

家の外で埃ははらいましょう。
また埃を払う前に埃が空中に飛び散るのを抑えるファブリーズ ハウスダストクリアなどをスプレーしておくとよいですよ。
子供がハウスダストアレルギーなど、家族にアレルギーの人がいる場合にはおすすめです。

ほこりの取り方

●逆さまにして振って埃を落す。

●枝のすきまなど細かい場所はハケや筆、化粧につかうフェイスブラシなどを使うと割と簡単に落とせます。

※100均でも売ってる埃取りのポリエステルのはたきは、ツリーに引っ掛かって余計に掃除に手間取ることもありますのでご注意を

●掃除機のブラシ付きのノズルでほこりを吸い取る。

●ドライヤーの風(冷風で強)をかけて埃を飛ばしてしまう。

 

クリスマスツリー ホワイトの黄ばみは取れる?

真っ白が気に入って買ったホワイトクリスマスツリー。
箱からだしたら黄ばんでいた。。とショックも大きいですが、
実は白いファイバーのクリスマスツリーは黄ばみ易いんです。

それは素材がプラスチックと同じように埃が吸着しやすいことにあります。
また、日光や照明に当たることでも黄ばみはおこります。

ほんとうは緑のクリスマスツリーでもおなじように変色していてるんですが、色が付いていてわからないだけなんですよね。

黄ばみを取る方法

●台所用のクリーム洗剤をスポンジにつけて軽くこするように拭く。

●その後によく絞った繊維のひっかかりにくい布で拭き取る。

●よく乾かしてから組み立てます。乾かす時は陰干し。
 ※日光にあてると黄ばむ原因になります。

 

しかし素材自体は経年劣化する素材ですから新品のようになならないこともあります。

水洗いはクリスマスツリーの業者のほうでは推奨していません。

SPONSORED LINK

クリスマスツリーに保証書が付いている場合でもほとんどが1年未満です。
クリスマスツリーは消耗品の部類にはいり、黄ばみが起きても返品対象にはなりません。

 

クリスマスツリーの保管方法は

クリスマスツリーはいつまで?

キリスト教圏ではクリスマスのシーズンの終日の1月6日(christmastide)ごろまで飾っているのが一般的です。
しかし日本の場合には、お正月の準備があります。大掃除、しめ縄の飾り付け、おせち料理の準備などが迫っていますよね。クリスマスが終ったら翌日の26日に片付ける家も多いようです。
いつまで飾らないとだめという決まりはないようです。

 

保管の場所

湿気もなく風の吹きさらしや直射日光に当たらない暗い場所が保管に向いています。
分解できるタイプのクリスマスツリーは分解して押し入れ、クローゼットの奥、倉庫などに保管する人が多いです。

 

保管方法

外気に触れさせないように箱や袋に入れて収納します。
専用の段ボールケースが付いていてそれが使えるのがいちばんいいのですが、段ボールがボロボロで使えなくなっていることもあります。

代用できるちょうど良いサイズの段ボールがあればよいのですが、なければ100均に売ってる不織布の衣装入れなどに入れて、長さが短い場合にはハンガー部分を切ってガムテープでつなげてほこりから守る方法もあります。

その上から包装紙や新聞紙で巻いておけばよいでしょう。

ビニール袋に入れて保管するのはNGです。
ビニール袋は静電気が発生しやすく、静電気はホコリを吸着する性質があります。
その為に余計に埃がついたり黄ばみの原因になります。特にホワイトのツリーの場合には使わないようにしてくださいね。

またクリスマスツリー収納バッグも市販されています。
高さは120㎝~240㎝

こちらでバッグの大きさ一覧表が掲載されています。
>>>クリスマスツリーバッグ

バッグの幅はスリムとワイドがあります。
ツリーの高さがそのまま収納できる場所があればいいですが、我が家のように住宅事情で分解して高さを低くして収納する場合は幅広のワイドのバッグを選べば収まります。

 

まとめ

保管する前にはコマーシャルにもありましたが、「今年の埃は今年のうちに!」で、ツリーをさかさまにして、振ってほこりを払い落しておきましょう。
目につくほこりは掃除機のブラシ付きノズルなど使って吸い取っておくと来年の飾り付けの準備も随分楽になりますよ。

関連記事:
クリスマスツリー もみの木の意味は?手入れ方法は?レンタルなら費用は?

SPONSORED LINK


-冬の行事, 暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏バテの症状 吐き気の原因は?子供の場合は?

夏バテの症状 吐き気の原因は?子供の場合の対策は?

熱さにうんざりする毎日。ここのところ体がだるい、 腰も重たい感じ、これって夏バテ? 夏バテになるといろいろな症状が現れます。 SPONSORED LINK 症状としてどういったことが起こるのか、吐き気 …

年賀状の保存はいつまで?整理の仕方は?捨てるときの方法

年賀状は新年の楽しみの一つですね。 SPONSORED LINK 年1回の便りでも懐かしさがこみあげてきたり、写真付の年賀状ではもうあの子がこんなに成長したの?結婚したんだね~とか親しい人の心境もリア …

ママ友から手土産頂いたらその場で出すの?

ママ友から手土産を頂いたらその場で出すの?お返しは?相場は?

ママ友との付き合いは大変気を使いますね。子供が間にいるだけに仲よくしてもらいたいし、子供にいやな思いをさせるのはと考えると神経をつかわないわけにはいきません。 ママ友との付き合いもいろいろなパターンが …

サンダルの足跡の汚れの落とし方

サンダルの足跡の汚れの落とし方 垢や汗、つま先は?防止するには?

夏の足元の定番サンダルは素足に履けばオシャレ度もグーンとアップします。 でも素足で履くと垢や汗で足跡がくっきりと残ってしまうことも。 SPONSORED LINK つま先についた指の跡もいやなもの、靴 …

ハロウィン 半袖は寒いよ!防寒対策は?

ハロウィン 半袖は寒いよ、仮装の防寒対策は?下着は?持ち物は?

10月も半ばをすぎると夜はぐっと気温が下がって寒い日も多くなります。ハロウィンのコスプレ衣装を半袖で用意されてる人も多いのでは、防寒対策についてまとめました。 SPONSORED LINK