あれこれ31ブログ

あれこれ思うことを毎日(31日)記事にしています。

暮らし 美容

日焼け止めは冬に必要?強さ(SPF)は?化粧下地との順番はどっちが先

投稿日:2015年10月2日 更新日:

日焼け止めは冬に必要?強さ(SPF)は?
強い日差しの夏に比べて弱い日差しの冬は日焼け止めは必要?

必要なら夏と比べて強さ(SPF)は同じでいいの?

化粧下地とつける順番はどっちが先?など冬の日焼け止め対策についてまとめました。

SPONSORED LINK

日焼け止めは冬に必要?

紫外線は夏に比べれば冬は量が少ないですが、紫外線は年中ふり注いで肌に届いています。
日焼け止めは夏だけと思っているのは大きな間違いで、1年中必要なんですよ。

夏には素顔で洗濯物を干す、庭を掃くなど、絶対にしなかったことでも冬は日差しが弱いからまぁ、いいや。と思っていませんか?
油断は大敵。

あとあと、シミになったり、肌荒れ、黒ずみになったりと、トラブルにつながります。日焼け止めは年中使うのが美肌、美白のためには鉄則です。

 

冬に使う日焼け止めの強さ(SPF)は?

地上に届く紫外線は2種類あります。
UVAUVBです。

UVAのピークは5月で一番弱いとされる12月でもピーク時の半分ほど。
まだ寒い真冬の2月でもピーク時の80%はあるんです。

UVAは肌の奥の層の真皮まで届いてコラーゲンを破壊し、肌のハリや弾力をなくします。
メラニンが蓄積されてシミとなったり、肌を黒くさせます。

 

UVBは5月頃より増加しピークは6月から8月です。
冬にはピーク時の20%ほどにとどまります。

夏に日焼けで肌が赤くなったり、炎症を起こすのはUVBのしわざです。
冬でも雪による照り返しで炎症がおきます。

放置しておけばシミになるだけではなく表皮の細胞も傷つけターンオーバーが乱れたり光老化によるトラブルがおきやすいです。

20代でも肌が固くなりごわごわしてくるのはUVBの影響によることが多いです。

 

日焼け止めの強さ(SPF)と保湿の関係

日焼け止めの目安となるSPFとは(Sun Protection Factor)の略です。

日焼け止めを使用することで何もしない時よりも長く紫外線がカットできるかということの数値です。

SPONSORED LINK

SPFの数字が大きいほど紫外線をカットする効果(時間)が長いです。

そうかと云ってSPF50を塗ればいいかというとそうではありません。

今度は日焼け止めクリームに配合されている紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の肌への負担を考えないといけません。
というのも、日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤は肌荒れの原因に、紫外線散乱剤は肌の乾燥の原因になる要素があるのです。

特に空気が乾燥して保湿が必要な冬にはSPFの数値に気を付ける必要があります。
強すぎると肌の負担になり肌荒れなど乾燥が進みます。

冬には保湿効果があるタイプの日焼け止めや紫外線防止効果のある日中用の美容液などを使って肌の乾燥を守ることが大切です。

雪山など屋外でのレジャーを楽しむ場合を除いて日常生活ならSPFは15~20程度で十分です。

 

日焼け止めと化粧下地の順番はどっちが先

順番は化粧水、乳液、その次に日焼け止め、そして化粧下地を塗るのがいいです。

化粧下地には肌トーンを整えたり毛穴などを目立たなくする効果があるものが多いです。
そのため、ファンデーションを塗る前に使うのが良いです。

 

今は化粧下地に日焼け止め効果もあり、保湿成分も含まれたタイプのものがたくさん出回っています。

朝の忙しい時間にササッとメイクができるのでこういったものを利用すると便利ですね。

mana-1
マナラ BBリキッドバー 
APF35 PA+++
日常の紫外線もしっかり防ぐ日焼け止め効果もあるBBクリームです。
BBクリームにしては珍しいリキッドタイプです。

美容成分が94%配合で保湿力もあるし、顔の凹凸もしっかり防いでくれます。
ファンデも不要で時短メイクにも最適です。

 

まとめ

シミができたらなかなか消えないし老けた印象になりますよね。またその時にはでないけどメラニンが蓄積されて突然シミになって現れることもあります。
絶対にシミは作らない!そのためにも日焼け止めは年中行って紫外線から肌を守りましょう。

SPONSORED LINK


-暮らし, 美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

伊勢神宮 初詣の空いてる時間はいつ?

伊勢神宮 初詣の空いてる時間は?駐車場はある?参拝の服装は

伊勢神宮は日本で最高の地位の神社です。 初詣には毎年大勢の人がお詣りに訪れます。 20年に一度の神様のお引越し、遷宮が行われた翌年、2014年にはいつもの倍の100万人の人が訪れました。 SPONSO …

風邪の熱を下げる方法は?風呂は?

風邪の熱を下げる方法は?風呂は入っていい?食べ物は?

SPONSORED LINK 風邪で急に熱が出た。 大事な用事がある明日の朝までにはとうしても熱を下げたい。 治したい時って、ありますよね。 風邪の熱を下げる方法や風呂の入り方、食べ物についてまとめま …

BBクリームとCCクリームの違いは?

BBクリームとCCクリームの違いは?両方塗ったら?混ぜる使い方は?

SPONSORED LINK BBクリーム、CCクリームってどっちも同じじゃないの?と思っていたら共通点もあるけどまったく違うところもあります。 それぞれ長所、短所や、BBクリームとCCクリームの両方 …

まぶたのたるみ取りで切らない方法

まぶたのたるみ取りで切らないイチ押し方法は?マッサージや食べ物も紹介

加齢によるまぶたのたるみに悩んでいませんか? まぶたのたるみのせいで性格が暗く見えたり老けて見られるのもいやになりますよね。 美容整形で切り取る方法もありますが、そこまで大げさにせずになんとか治したい …

おせち 昆布巻きの 簡単な作り方は?

おせちの昆布巻きの簡単な作り方は?日持ちさせる方法、リメイクのレシピは

おせち料理に昆布巻きはつきもの、今では中に巻くものをいろいろ変えて売られていますね。味も会社によって様々、 でも作り方は簡単なんですよ。 作り方や日持ちさせる方法、リメイクのレシピなどをまとめました。 …


50代の女子です。
プロフィールはこちら