あれこれ31ブログ

あれこれ思うことを毎日(31日)記事にしています。

暮らし

赤ちゃん 夏のあせも対策は?

投稿日:2015年7月13日 更新日:

赤ちゃん 夏のあせも対策は?
赤ちゃんが夏によく汗をかくのは、気温が高いこともありますが、あの小さな体で大人と同じだけの汗腺があるからです。
あせも対策として清潔にすることと、汗の成分を皮膚へ残さないことが大事です。

SPONSORED LINK

もし寝入りばなに汗をたくさんかいていたら、着替えさすにも神経を使いますね。ぐずってやっと寝かしつけたばかりという時などはどっと疲れがでます。。

着替えさせる手間を省くために肌着と背中の間にガーゼのハンカチでも一枚挟んでおけば、ガーゼをとるだけで着替えさせる手間が省けます。折角眠った赤ちゃんを起こすこともありません。

赤ちゃんの背中から取り出しやすい汗取りガーゼもかわいいデザインのものもたくさん売られていますね。

授乳時にもママの腕と赤ちゃんの頭の間にガーゼなどを挟んでおくと汗を吸い取ってあせもの予防にもなります。

また、軽い湿疹程度なら昼間にはこまめにシャワーを使ったり、ベビーバスで行水させたり、その都度着替えをさせたり体を拭いてあげることであせもは十分治るものです。薬を塗ることもないです。

体を拭くときはなるべくガーゼなど柔らかい天然繊維の布を水で濡らして拭いてあげるのが一番いいです。汗拭きシートを使う場合は低刺激で保湿成分の入った赤ちゃんでも使えるシートを利用するのがおすすめです。

キュレル 潤浸保湿 スキンケアシート (汗ふきシート) 10枚入

 

昼間のシャワーには石鹸は使わないほうがいいです。何度も石鹸を使うと今度は赤ちゃんの肌が荒れる原因にもなります。石鹸はお風呂では使って、その後はしっかりと洗い流してくださいね。

また痒くて泣いたり自分で掻いたりしてる場合は病院で適切な薬をもらってください。市販薬を試すより病院のほうが的確な薬を出してもらえます。

ベビーパウダーは一昔前にはいいということで使っていましたが、汗腺をふさいでしまう為あまりつかわないほうがいいようです。

赤ちゃんの夏の服装ですが、汗をかくからといって涼しい恰好をさせて冷えすぎにも注意が必要です。扇風機の風は直接あたらないように、室温も下げすぎないように気をつけましょう。
冷えすぎると今後は風邪をひく原因になってしまいます。

関連記事:
赤ちゃんの暑さ対策 扇風機の風は?購入の注意点は?クーラーの温度は?

SPONSORED LINK


-暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ステンレスシンクに錆が、原因は?

ステンレスのシンクに錆が、原因は?落とし方、防ぐ簡単な方法は

ステンレスのシンクの錆。気になります。 ステンレスって錆びるの? SPONSORED LINK 赤い錆は不潔に見えるし、いつも台所を使う主婦にとっては天敵と同じ。 ステンレスのシンクに錆がでる原因や落 …

受験生がインフルエンザの予防接種をする時期

インフルエンザの予防接種を受ける時期 受験生なら?その家族は?

インフルエンザが気になる季節になります。 予防注射を受ける時期、特に受験生ならいつ受けるのがいいの? 家族は?など、受験生を持つお母さん、家族が気にしていることをまとめました。 SPONSORED L …

正月太りを解消するダイエット 短期で戻す食事メニューは?運動なら?

お正月に太るのはズバリ!食べ過ぎが原因。 SPONSORED LINK おせち料理もおいしいし、お酒も入るし、 気が付いたら体重が3kgオーバー スカートのファスナーがあがらないなんてことも(汗) 悩 …

メイソンジャー 食中毒注意!!

メイソンジャー 食中毒注意!! 消毒は簡単?使い方のコツ、材料は

冷房でだるいし、頭痛がするのはなぜ?

冷房で頭痛がするし、だるいのはなぜ?治し方は?ツボ押しの場所は?

冷房のせい? 体が硬くなったようでだるいし、頭痛がする。 肩のこりもひどいなど、悩んでいませんか。 SPONSORED LINK それはクーラー病かもしれません。 頭痛がする原因や治し方、ツボ押しの効 …