あれこれ31ブログ

あれこれ思うことを毎日(31日)記事にしています。

花粉症でまぶたのかゆみとガサガサなのは?薬や対策、化粧は?

      2017/02/27

花粉症でまぶたのかゆみとガサガサなのは?

花粉症でまぶたがかゆい、搔いたら皮膚がガサガサになった。
こんな悩みを抱えている人も多いのでは、

目元の皮膚はデリケートです。
かゆくてもかくのはよくありません。
薬や対処法、化粧の仕方についてまとめました。

SPONSORED LINK

花粉症でまぶたのかゆみとガサガサなのは?

花粉症で顏全体、頬やおでこ、目の周りやまぶたがかゆくなるのは花粉皮膚炎かもしれません。
花粉により皮膚がトラブルを起こしてかゆくなったり腫れたりする症状です。

かゆみがでて搔くことによって皮膚に傷がついてバリア機能が低下してよけいに乾燥したり、春という季節柄昼と夜の温度差が大きいし、お天気が良い日は紫外線も強く、それらの影響が重なって肌が不安定な時期ということもあります。
そのためかゆみやガサガサで皮膚が固くなって乾燥した状態になりやすいのです。

 

花粉症でまぶたのかゆみとガサガサ 薬や対策は?

薬は自分で判断せず診察をして処方してもらうのがおすすめです。
市販でも薬は買うことができますが、目の周りだけにもし適切でないものだったら炎症など起こしては大変です。

しかし、皮膚科に行って処方されるステロイド系の軟膏は症状はよくなりますが、後でトラブルが出る可能性もあります。塗り方に注意が必要です。

できるだけ薄く塗るようにして、症状が回復したら即使用中止するのがいいです。

また、花粉による目の充血で眼科へ受診されてる場合は眼科でも塗り薬は出してくれるところもあります。同じ診療所なら診察に行く手間もはぶけますから一度病状をおっしゃってみるのもいいです。

薬以外の対策

まぶたのかゆみとガサガサは皮膚の乾燥を直せば落ち着きます。
充分に保湿することで対策できます。

まず。目の周りは専用のリムーバー(アイメイクリムーバー)を使われていると思いますが、アルコールは肌に刺激が強いですのでアルコールフリーのものに変えましょう。

洗顔時に熱めのお湯を使うことで顏に必要な皮脂まで落としてしまいます。水、または水に近いぬるま湯でこすらずに丁寧に洗いましょう。

保湿は充分にしてくださいね。
まぶたのかゆみなどで今使っている化粧水がしみるなどのトラブルがあるなら治るまで使用を中止して敏感肌用の化粧水を使うことをおすすめします。

>>>敏感肌に超保湿「つつむ トライアルセット」

部屋に加湿器をおくことで花粉も防げるし肌の乾燥対策に効果があります。塗れたタオルを部屋につるしておくだけでもいいです。

肌の乾燥を防ぐためにワセリンを塗る人も多くいますが、それは保湿が十分にできた肌に使って初めて効果があるというものです。というのも油で膜をつくるから内側からの水分を出さないかわりに外からの水分も吸収できません。
また、直接日差しを浴びたら酸化してシミの原因となることもありますので注意が必要です。

通勤には花粉対策用のメガネを利用することでも直接花粉も防げるし乾燥も防げます。
保水シートをつけるタイプのメガネやゴーグルもあります。

 

花粉症で顔がかゆい時の化粧の仕方は?

顏がかゆいからといってメイクをしないのは直接花粉が顏に付着するので良くありません。

メイクの仕上げはパウダーファンデーションやフェイスパウダーでさらっとした質感のものにすれば花粉が付着しにくいです。メイクブラシを持ち歩いておけばいつでも掃って落とせます。

パウダリーファンデやBBクリームを使ったとしても仕上げはパウダータイプを使うようにしましょう。

保湿にはミストを持ち歩くといいです。
外を歩く時にはメイクはさらさらファンデーションを使い、オフィスではミストで適宜、水分を与えることで乾燥防止になるし、かゆみが抑えられます。

また、春はメイクの新作、新色が販売される季節ですね。でもメーカーを変えたり違うものをつかうことで皮膚の刺激になりかゆみがさらに悪化する可能性もあります。
治るまでは今使っているメイク用品で我慢しましょう。

 

まとめ

花粉症のかゆみには肌の乾燥が大きく原因するようです。
また春という時期も肌のゆらぎが大きい時期です。
メイクだけでなく食べ物も乾燥を防ぐビタミンA、B、Cや肌の水分を保持するセラミドが豊富な食品をとることを心がけましょう。

ストレスをためない、規則正しく質の良い睡眠をとることも大事です。

一番大事なのは花粉の時期を予測して事前に対策をすることです。そうすれば症状も軽度で苦しい時期も短くてすみます。

関連記事:
花粉症対策の飲み物 鼻づまりには?鼻水には?喉の痛みに効くドリンクは?
花粉症で頭皮のかゆみ 対策は?フケ、肌荒れがある時は?
花粉症の肌荒れ ニキビができたのは?今後の対策は?食べ物でおすすめは?
秋の花粉症の原因は?症状は喉が痛いし咳が出て辛い 薬以外の予防方法は
花粉症で顔がかゆい 対策は?市販薬なら?化粧品でおすすめは?

SPONSORED LINK

 - , 美容 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事はこちらも見てね

座ったままのダイエット ライスミルク
座ったままでダイエットはオフィスでも簡単!第3のミルクで美容効果も

仕事がデスクワーク中心という人にとって座りっぱなしはエネルギーの消費量も少ないし …

汗でかゆみがある顏 原因は?
汗でかゆい 顏の原因は?対策はどうしたらいい?

汗でかゆい 顏! 汗がでるとかゆくなる悩みが多い夏、いったい汗と顏とどういう関係 …

自転車 日焼け対策 顔の仕方は?
自転車 日焼け対策 顔の仕方は?帽子かサンバイザーどっち?腕、首は

通勤に自転車を利用している人も多いと思います。 SPONSORED LINK 歩 …

背中にぶつぶつが、冬にできる原因は?
背中にぶつぶつが冬にできる原因は?かゆみがでるのは?治し方は?

冬になると気になる背中のぶつぶつ、かゆみもあるし。。 SPONSORED LIN …

日焼け止め 飲むタイプの効果は?
日焼け止め 飲むタイプの効果は?副作用は?おすすめはヘリオケア?ホワイタス?

飲むタイプの日焼け止めがここ2、3年前から話題になっていますね。 SPONSOR …

胸のニキビがひどい 原因は?治し方は?
胸のニキビがひどい 原因は?治し方は?ニキビ跡を消す方法は?

胸のニキビがひどい。 ブツブツできて赤くなっているし、谷間にもできてる。 服を着 …

日焼け止めは冬に必要?強さ(SPF)は?
日焼け止めは冬に必要?強さ(SPF)は?化粧下地との順番はどっちが先

強い日差しの夏に比べて弱い日差しの冬は日焼け止めは必要? SPONSORED L …

脱毛で毛嚢炎になった原因は?
脱毛で毛嚢炎になった原因は?オロナインで治る?予防するには?

SPONSORED LINK エステで脱毛をしたら毛嚢炎になった! これってエス …

ブルーライトで日焼けするの?シミを作らない対策は?
ブルーライトで日焼けするの?シミを作らない対策は?化粧品なら?

ブルーライトで日焼けするって本当?嘘でしょ。とか話題になっていますが、実は日焼け …

くるぶしの黒ずみの原因は?治し方は?
くるぶしの黒ずみの原因は?治し方は?応急措置で隠す方法は?

くるぶし、どこかにぶつけたように黒ずみがひどい。 SPONSORED LINK …