あれこれ31ブログ

あれこれ思うことを毎日(31日)記事にしています。

顔の赤みとかゆみがひどい原因は?対策は?スキンケアなら?

      2016/10/12

顔の赤みとかゆみがひどい原因は?
頬と目の周りに赤みがあってひりひりしたかゆみは我慢できない時もありますよね。
ステロイドを使うとかゆみも薄れるけど、できるだけ使わずになんとかならないかとお悩みですか?

赤みやかゆみの原因、その対策方法やスキンケアについてまとめました。

SPONSORED LINK

顔の赤みとかゆみがひどい原因は?

顏が赤いのは乾燥が原因です。
特に冬に赤みがひどくなるのは夏に比べて空気や暖房により室内が乾燥しているせいです。

またかゆみをともなうのは肌が乾燥しすぎてカラカラになっているからです。
皮膚は乾燥して敏感になっています。

赤く見える頬は血液が透けて見えているんです。
どうして透けるのかというと皮膚は層になっていて表皮の下の真皮にある無数の毛細血管が透けてみえているのです。

表皮は健康な状態でも厚みはわずか0.2㎜しかありません。
それが肌の水分もなく乾燥によってさらに薄くなっている状態なので毛細血管が透けてみえて赤く見えるのです。

乾燥からくる赤みの症状を放置しておくとかゆみがひどくなることもあります。
それは表皮の部分の角質層が乾燥でボロボロになって剥がれて外敵から守れなくなっていることが原因です。

本来なら守られるべき皮膚の内部が丸出しになっているので洗顔フォームがしみてかひりひり痒くなったり、化粧水をつけただけでかゆみが出るなど正常な肌状態では起こらないはずの事が起こっているのです。

角質層が薄くなると皮膚の水分を保つ力も弱くなって、乾燥肌になってしまいます。
赤みやかゆみをなくすためには肌の保湿を早急に考えることです。

 

顔の赤みとかゆみがひどい、対策は?

まず日常のことから改めていきましょう。

●髪の毛が耐えず頬に触れてその部分がかゆみを伴うこともあります。髪は顏にふれないようにピンで止めるなど対処しましょう。

SPONSORED LINK

●ピーリングのしすぎ
古い角質層を落すピーリングは頻度に問題があります。また、説明書通りにしたとしてもで寝不足や疲れが貯まっているときなど肌状態はよくありません。
そういった時にピーリングをするとかえって皮膚を傷つけることにつながります。
顔色が悪いのは寝不足が続いた結果で古い角質が顏に貯まっていたわけではなかったかもしれませんね。

●美容器具の使いすぎ
使えば使うほど綺麗になる、効果があるなどは正しい使い方をしている場合に限ります。
もう一度説明書を読んで力の入れ方や使う時間などを見て間違った使い方をしてないかを確認してみてください。

●顏を洗った後にタオルでゴシゴシ顏を拭くのはよくありません。皮膚がタオルの繊維にこすれて傷につながります。軽く押し当てるだけで水分は取れます。

●洗顔は水かぬるま湯でする
乾燥してかゆみがあるのに洗顔フォームを使うのはNGです。朝の洗顔は水で洗い流すだけでいいです。夜は界面活性剤が不使用の固形石鹸を泡立てて泡で顏を覆う感じで洗いましょう。こすらなくてもよごれは取れます。

●化粧水をつける時にコットンを使うのをやめる
コットンと皮膚の摩擦が刺激になります。手で直接つけて手のひらパックで浸透させましょう。

●化粧品を見直す。
今使っている化粧品を見直す必要があるかもしれません。肌は乾燥して敏感になっています。今使っている化粧品をつけてかゆくなったり、ひりひりするなら敏感肌用、あるいは肌の保水にかかせないセラミド配合の化粧水などをおすすめします。




●食生活では
アルコールやカフェインや、香辛料などの刺激物はできるだけ避けましょう。
また、スイーツ、お菓子、加工食品など糖質を多く摂りすぎるとコラーゲンの糖化が起こります。コラーゲンが糖化した肌は修復もできず老化につながります。

 

顔の赤みとかゆみがひどい スキンケアなら?

乾燥してボロボロになっている角質層を正常な状態に戻すことから始めましょう。

敏感肌用のスキンケアは刺激がない仕様になっているので顏にしみることもなくつけることができます。敏感肌用のスキンケアでも、美肌効果のあるものは顔の赤みとかゆみをなくすのにおすすめです。

また、美容成分よりも先ずはかゆみをなくす保湿を重点的にするにはセラミド配合のスキンケアがおすすめです。セラミドにも種類があって、もっとも人の皮膚に近い分子構造の人型セラミドを配合しているものがおすすめです。

お試しサイズやトライアルサイズがあるスキンケアなら少額で試すことができるので自分の肌に合うものを使うことができますよ。

赤みを隠すために厚塗りをしてしまうなどは控えましょう。厚塗りをすることでせっかく保湿しかかっているのにファンデーションに水分を取られてしまってはどうしようもありません。
また化粧落としのクレンジングで肌を痛めることになりますから。

皮膚を保護するためにワセリンを塗るのは普通の肌の状態の人にはおすすめですが、肌が乾燥して赤みがある、かゆみがある人は控えたほうがいいでしょう。
ワセリンはただの脂で顏に脂分の膜をはるだけで保湿成分、美容成分は一切入っていません。
傷ついた肌の上の脂で膜をはっても状態はよくなりませんよ。

 

まとめ

肌の過剰な手入れがかえって肌を傷めることもあります。
デリケートな部分だし、一生向き合っていく顏。
できれば綺麗なほうが嬉しいです。参考にしてみてください。

赤ら顔を改善する方法 食べ物なら?効果があるツボは?化粧水なら?
頬が赤い。さらに痛い原因は?カサカサの時は?ブツブツができたら?

SPONSORED LINK

 - 美容 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事はこちらも見てね

子供の浴衣の髪型で人気は?
子供の浴衣の髪型で人気は?超簡単ヘアアレンジ、長さ別おすすめヘアスタイル

子供に浴衣を着せて一番に悩むのが髪型です。 どんな髪型が人気なんだろ。ママでもで …

40代 お腹の脂肪を落とす方法 ストレッチなら?
40代 お腹の脂肪を落とす方法 ストレッチなら?食事は?サプリでおすすめは?

お腹の脂肪がなかなか取れないと悩んでる40代の人って多いですよね。 食べる量は変 …

脱毛で毛嚢炎になった原因は?
脱毛で毛嚢炎になった原因は?オロナインで治る?予防するには?

SPONSORED LINK エステで脱毛をしたら毛嚢炎になった! これってエス …

汗でかゆい!首の対処法は?湿疹の場合は?

SPONSORED LINK 汗でかゆい首の原因や対処方法についての記事です。 …

爪が縦に割れる時の処置は?
爪が縦に割れる時の処置は?白い線ができるのは?治療の方法は?

爪が割れるのは困りもの。 洋服やストッキングに引っ掛かってしまい糸がでたり破けた …

ブーツのふくらはぎが入らない 細くする方法
ブーツのふくらはぎが入らない 足を細くする方法 短期間なら?

ブーツのふくらはぎがはいらない。 ふくらはぎが太くなった~とお悩みではありません …

お腹のぽっこりの原因はこれかも!?
お腹のぽっこりの原因はこれかも!?改善にストレッチは?痩せる?

SPONSORED LINK 最近お腹だけがぽっこりでてきた。 スカートのウエス …

BBクリームとCCクリームの違いは?
BBクリームとCCクリームの違いは?両方塗ったら?混ぜる使い方は?

SPONSORED LINK BBクリーム、CCクリームってどっちも同じじゃない …

ヒフミド化粧水の効果
ヒフミド化粧水の効果 肌深部の水分量が1位に!美スト11月号で実証

肌の水分量が減ると乾燥肌で小じわができたり、肌荒れなどのトラブルの原因になります …

水素水は効果なし ダイエット失敗した理由は?
水素水は効果なし ダイエット失敗?シミが消えない?真実とは

SPONSORED LINK 話題の水素水。その効果ってほんとう? ダイエットに …