あれこれ31ブログ

あれこれ思うことを毎日(31日)記事にしています。

脇汗がひどい 抑える方法は?ツボ押しの仕方は?オロナインは効く?

      2016/09/24

脇汗がひどい
脇汗は自分でもべっとりした違和感や、シャツの脇が濡れて手も挙げられないし、
汗でぬれた服を人に見られたらとても恥ずかしいですね。

とくに緊張した場合には脇の汗が垂れるほど出たりしてひどい。仕事中の脇汗の悩みは深刻です。今回は脇汗の量が異常に多いけど臭いより汗が出るのを抑える対策について解説します。

SPONSORED LINK

脇汗がひどい 抑える方法は?

脇汗は出ない人はいません。体温調整の為にだれしもが汗をかきます。
ではどうして汗の量が自分だけ多いのでしょうか?

多汗症
環境が変わったなどありませんか。過度の緊張や不安などのストレスで交感神経が異常をきたし、エクリン腺より汗が過剰にでる病気です。臭いがきつい人はアポクリン腺から出る汗です。

【対策】
冬など重ね着をしてる場合にはわき汗パットなどを利用するのもいいでしょう。
しかし夏には薄着になるし上着に脇汗パットの形が映って余計にはずかしいこともあります。

汗を抑えるスプレー、塗るタイプの製品も多く発売されていますがそちらを利用するのも方法です。どちらかというと汗を抑えるスプレータイプより効果が持続する塗るタイプの製品がおすすめです。

脇汗の量を抑える製品として、口コミなどで人気の高いもの。

ラプカルム】朝塗れば、1日中脇汗知らず♪
オドレミン 【医薬部外品】日邦薬品工業
クリニーク アンティパースパイラントデオドラントロールオン
デオナチュレ ソフトストーンW

 

● ミョウバンで汗を抑える方法

ミョウバンは、食品添加物としても使われている口にいれても安全なものです。
日本古来から伝わり汗を抑えるだけでなく消臭効果もあります。

価格も通販では1,000円以内で買えます。

ミョウバン水の作り方
<材料>
・ミョウバン50g(1袋)※ミョウバンでも焼きミョウバンでもOK。
・水 1,500ml
・空のペットボトル

<作り方>
ペットボトルにミョウバンと水を入れ、蓋をして軽く振ります。ミョウバンは溶けにくいため、そのまま一晩置いた方がいいでしょう。無色透明の液になったらミョウバン水の完成です。
ミョウバン水は冷蔵保存で1ヶ月近くもちますが、1~2週間に1回くらいのサイクルで新しいものを作ったほうが新鮮なのでオススメです。

<使用上の注意>
初めて使う際には、腕の内側などに少し吹きかけ、パッチテストを行ってください。また肌質によっては、ミョウバン水で稀に皮膚がかぶれることもあります。そのときは濃度を薄くするなど調整してみてください。

 

※市販の製品は人によって効果の現れ方が違います。使い方、副作用などについても
使用上の注意をよく読んでお使いください。


SPONSORED LINK

食べ物
辛い物や刺激物が好きなど嗜好による影響で脇汗がひどくなる場合があります。
またカフェインが多く含まれる飲み物なども影響します。
カフェインというとコーヒー、紅茶を思いだしますが、以外に多く含まれているのは
日本茶の玉露があげられます。またコーラー、ココア、エナジードリンクもカフェイ
ンが多く含まれています。
脂肪分を多く含む食品でから揚げ、天ぷら、肉なども脇汗をかきやすい原因になります。

【対策】
・豆腐、納豆、豆乳などの大豆製品を食べる・・・発汗を抑える効果のイソフラボンが多く含む食品
・ハーブティ(ラベンダー、ジャスミン、ローズティ)・・・神経をリラックスさせる効果
・もやし、大葉、アボカド等・・・植物性エストロゲンを多く含む野菜は自律神経系を整える作用があります。

食べ物の改善は脇汗の悩みを解決できる基礎となりえます。また脇汗以外にも肥満、ニキビ、肌荒れなども食べ物による影響が大きいです。食生活を見直しましょう。

体質
遺伝などの体質による場合もあります。その場合には外科的手術などがおすすめです。

【対策】
ボトックス注射でボトックスを脇の下へ注入して汗がでるエクリン腺の活動を抑えます。効果として汗は出にくくなります。注射は抑える効果ですので半年~1年後には再度注射をして効果を継続させる必要があります。

ボトックス注射は皮膚科、美容外科で受けられます。しかし費用のこともありますからご両親に悩みを話して了承をとり、病院へ付き添っていただき治療をうけることをおすすめします。

施術は簡単で片方5分程度で出来ます。その日からお風呂も入れます。心配する副作用やアレルギーもありません。
費用:保険適用の場合のめやす 約28,000円前後

 

 

脇汗がひどい人におすすめ 一時的に止める効果的なツボ押しの仕方

脇汗を止める方法としてツボを押す方法があります。
最近では女芸人がTVで実際にこの方法で汗が止まったということで話題になりました。
脇汗は神経が緊張した時に多く出ます。また汗がでてる、いやだ、と思った時にはまたそれ以上に汗が出ます。そういった時に汗を止めるのに効果的です。
汗止め帯を使うことでツボがしっかり押さえられます。

屋翳(おくえい)
乳首の上3cmほどを1分から3分ほど押さえる。
手をクロスさせてて右のツボを左手で、左のツボを右手で押えると楽な姿勢で押さえることができます。

大包(だいほう)
わきの中央部から下あたりの肋骨付近(第6肋間あたり)を押す。

慣れてくると手をクロスさせた状態で親指と中指を使って屋翳(おくえい)と大包(だいほう)の両方のツボを一度に押すこともできます。

このツボ押しの効果をベルトにしたものが通販でも売られています。
原理として京都の舞子さんが厚塗り化粧なのに真夏でも化粧崩れしないのは着物の着付け時に上記に示したツボあたりをきつく押さえているツボ押し効果が効いてるということです。

 

脇汗がひどいオロナインは効果的?

オロナインは傷やあかぎれに効果があると昔から使われている軟膏です。自宅でも一回は使ったことがあるのではないでしょうか。ニキビ、毛穴パック、日焼け後の肌対策、肌あれ、かかとケアなどにも効果的で実際に使っている人も多いです。

脇に塗ってどうか?といいますと脇汗よりワキガ、臭いに効果的です。
オロナインの殺菌効果が軽度のワキガの人に効果的で、入浴後などに貼付することで改善が見られたという人もいます。
ですので脇汗の量を減らすことは難しいですが、臭いも多少気になると思われたらオロナインを塗るのもいいでしょう。ただし脇汗の量が多い人では塗ったあとべたべたする違和感がある場合があります。使用する場合は極少量を塗ってみて、自分に合う量をみつけてください。

 

まとめ

脇汗の汗染みは時には上着まで浸透して人に見られて恥ずかしいし不潔に思われてるのではないかと考えると勉強にも集中できなくなるほど深刻な悩みです。
この記事では学生さんで脇汗に悩んでいる人に効果的な方法を解説しました。参考になさってみてください。

関連記事:
ワキガの臭い 自分でわかる方法 周りの人への対策は?黄ばみの洗濯の仕方
冬に脇汗がひどい原因は?臭いワケは?インナーに問題あり!?
顔汗を止めるツボはどこ?バンドは効果ある?漢方でおすすめは?

SPONSORED LINK

 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事はこちらも見てね

手できた水泡の対処法 かゆみがある時は?
手にできた水泡の対処法 かゆみがある時は?痒くない時は?生理前なら?

SPONSORED LINK 手に小さい水泡がポツポツできた、 水泡にはかゆみや …

汗で肌荒れ 首が赤くなって痒い汗荒れの原因は?治し方は?あせもとの違いは?

汗をかく時期になると首やデコルテが痒い、赤くなってヒリヒリする。そして皮膚がぼろ …

胸のニキビがひどい 原因は?治し方は?
胸のニキビがひどい 原因は?治し方は?ニキビ跡を消す方法は?

胸のニキビがひどい。 ブツブツできて赤くなっているし、谷間にもできてる。 服を着 …

ブロッコリー スプラウトの効能は?ダイエットは簡単?食べ方は?

ブロッコリー スプラウトが注目されています。 SPONSORED LINK 見た …

手汗を止めてデートで手をつなぐ方法は?
手汗を止めてデートで手をつなぐ方法は? 漢方なら?治療するなら?

SPONSORED LINK 手の汗がひどい! 一番の悩みがデートの時。 彼と手 …

お腹のぽっこりの原因はこれかも!?
お腹のぽっこりの原因はこれかも!?改善にストレッチは?痩せる?

SPONSORED LINK 最近お腹だけがぽっこりでてきた。 スカートのウエス …

花粉症でまぶたのかゆみとガサガサなのは?
花粉症でまぶたのかゆみとガサガサなのは?薬や対策、化粧は?

SPONSORED LINK 花粉症でまぶたがかゆい、搔いたら皮膚がガサガサにな …

女性の抜け毛原因は?20代
女性の抜け毛の原因 20代は?シャンプーは?治った人はいますか

大量に抜ける髪を見るのが怖いから大好きなお風呂に入るのがいやになった。 まだ20 …

ランニング 日焼け対策 顔はどうしてる?帽子は?
ランニングの日焼け対策 顔はどうしてる?帽子は?おすすめのウエアは?

SPONSORED LINK マラソン大会に参加したい!と本格的にランニングを始 …

目の周り 白いぶつぶつ 原因は?
目の周り 白いぶつぶつ 原因は?治す方法、皮膚科なら?

目の周りにできた白いぶつぶつ。 SPONSORED LINK ごく小さいものだか …